電気自動車最新topics

富士重工軽自動車の生産から撤退 電気自動車R1eは?

先日スバルR1eを書いたばかりだったのにhttp://evcar-girasole.seesaa.net/article/92892917.html

富士重工は数年後に軽自動車の生産から撤退するようですね。
当然電気自動車R1eも同様なのでしょうか。
ダイハツとなるのか、判りませんが、

これから電気自動車が、どんどん開発され競争され・・と言う矢先に
足が止まってしまうなら、それは残念です。

日本の車全てがトヨタになってしまうのか・・・!

提携強化で開発負担軽減 トヨタ・富士重提携拡大
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/136775/

洞爺湖にエコカー100台集結、サミット首脳が試乗

洞爺湖にエコカー100台集結、サミット首脳が試乗

読売新聞より引用

トヨタ自動車など国内の自動車メーカーは、7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の会場に、ハイブリッド車や燃料電池車といった環境対応車約100台を集める。

 各国の首脳らの移動用などとして提供する。環境問題が主要テーマとなるサミットで、世界最先端の環境技術を体感してもらうのが狙い。

 <提供&参加予定>

*トヨタ自動車・・・ハイブリッド車。
  「レクサス」やミニバン、小型車など用途に応じ
  計80台程度を予
  さらに、家庭用電源から充電でき、2010年までの実用化を
  目指すプラグイン・ハイブリッド車も走らせる方向で調整している。

*三菱自動車・・・電気自動車「iMiEV(アイ ミーブ)」
         試乗会有

*マツダ・・・水素を燃料としたスポーツカー
     
*ホンダ・・・ハイブリッド車や燃料電池車などを検討。

*三菱ふそうトラック・バス・・・最新型のハイブリッドバス

*いすゞ自動車・・・二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない
         天然ガスを燃料としたバス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080407-00000032-yom-bus_all

空気動力乗用車「OneCAT(ワンキャット)」

今年1月に約30万円の低価格車「ナノ」を発表して話題を呼んだインドの自動車大手「タタ・モーターズ」が世界初の空気動力乗用車
「OneCAT(ワンキャット)」
の製造、販売を計画していることが分かりました。

製造はインド。
早ければ年内にもニューデリーなど人口過密の都市部の市場に投入。周辺国にも輸出していく予定だそうです。

EV車と言えば電気自動車、水素燃料、天然ガス車、
ハイブリッドなどがありますが、
今後は電気自動車主流の勢いだと思っていました。
そこへこの空気動力の登場です。

開発は意外に古くフランスのベンチャー企業「MDIエンタープライゼズ」(カロス市)が、’02年に基本技術を開発していました。

空気動力乗用車とは、圧縮空気を使ったエンジンで動く自動車。

シリンダー内のピストンで空気を圧縮して、
断熱圧縮により400℃の高温になった空気に
300気圧の圧縮空気に注入、
熱交換により圧縮空気が膨張しピストンを押し下げるという行程を繰り返すようになっています。

難しそうですが、仕組みはガソリン車と同じようなことだそうです。
最高時速50q程度、家庭では燃料補給に4時間、
超低燃費、価格も5人乗りで価格は50万円強
となれば、電気自動車に取って代わるものに
なりかねませんね。

タタ自動車は、年内か遅くとも来年初めに売り出す予定。

低価格のエコカー、それだけで軽自動車ユーザーには、
インパクトがありますね。興味深く見ていたいです。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。