電気自動車最新topics

富士重工業(スバル)の電気自動車『R1e』

電気自動車は自動車メーカー各社の一番のニュースアイテムです。

富士重工業(スバル)の電気自動車でも『R1e』がありますね。
人乗りメインの軽自動車『R1』の電気自動車版で、充電式の電気自動車
なのは、他のものと、同様です。


スバルによると、R1eが約80キロメートル走行するのに
必要な充電にかかる費用は2ドル以下。今ならなんと200円で
東京から箱根まで行けてしまうんですね!

さらにわずか15分で80%の充電が可能!もちろんリチウムイオン電池ならでは。


そして電気自動車の走りの最大の特徴とも言えるが、
やはり加速です。
これはジラソーレの試乗のときにも感じましたが、

すすすっと前へ飛び出す感覚です。
もちろん数字にも表れています。
軽ガソリン車の2/3の時間で時速40kmから60kmに到達すると
スバルでは掲載しています。

最高時速はゆうに時速104km!!

発売価格は300万と言っていますが、目標は150万だとか。

頑張れ〜exclamation×2





電気自動車DENKI CUBE

電気自動車で楽しみなのが、先日の国際自動車ショーで発表された
DENKI CUBE ですね。

みかけは、CUBEですが、中身はだいぶ違う模様です。

長めのホイルベースの床下にLiイオンバッテリーを搭載。

これはデザインですが「DENKI CUBE コンセプト」は車体に
「でんきじどうしゃ」と平仮名で書かれ、
フロントグリル中央の開閉窓に充電コードが差し込めるソケットを収納しています。

2010年までには電気自動車を市販化の予定だそうでますます他社との
開発のスピード合戦になりそうですね。

日産自動車はそのほかのもエコカーとして、3ℓの燃料で100km走行できる「3ℓカー」
複数の燃料に対応するFFV車の開発も進めています。

まさにCO2削減と低燃費化の実現は、現実的な目標となってきています。ユーザーとして楽しく取り組みに参加していきたいものです。



ジラソーレ内装備&インテリア

電気自動車ジラソーレを鎌倉のでんりき車さんで、レンタルして、
ドライブしてみたときの続きです。

ジラソーレ内装は、どちらかと言うと値段の割りに
外側がプラスティックのお陰で、ややチープに見えるのですが、
内装は、なかなか質高く出来て素敵です。

シートはオフホワイトの革張りで、
冷暖房なしの代わりのシートヒーターが付いています(オプション)インパネもなかなか高級感があるかな?
ジラソーレイスヒーター.JPG インパネ.JPG

サイドブレーキは左シートの外側にあります。
ぐ−っと下に下げなければ動きません。

ふと見上げると、こんな天井が。真夏はどうなんだろ・・・
帽子とUV対策必須かも・・!
電気自動車サイドブレーキ.JPG ジラソーレ天井.JPG


足元には、バッグが入れられるおしゃれな収納もありました。バッテリーはハンドル右下のメーターで確認できます。
足元収納.JPG  バッテリー残量.JPG

後ろも買い物程度とボストンバッグくらいは余裕で入ります。

baltuku.JPG

いやあ、なかなか楽しい電気自動車です・・exclamation×2  
大人の女性の可愛らしさ・・・とでもいう感じかな?

電気自動車 みんなどう思ってる?パーク24調査結果

電気自動車に関する興味深いアンケートを、駐車場「タイムズ」を
運営するパーク24がまとめました。(3月24日)
それによると

車を所有している20代〜50代の男女5000人を対象にインターネット上で実施。

 ☆電気自動車に対する認知度
  「家庭用の100V電源で充電可能」ということを知っている・・・65.8%。
 ☆電気自動車が2009年に発売されることを知っている・・・42.7%

 ☆ガソリンと比較して電気自動車の充電にかかる電気代が
   「かなり高い」と思っている・・・7.7%
   「高い」・・・27.7%
   「同じ」・・・6.9%、
   「安い」・・・38.6%
   「かなり安い」・・・9.1%

 ☆電気自動車に対する不安
   「充電時間の長さ」・・・78.7%
   「外出先での充電場所」・・・70.7%
   「充電費用(電気代)」・・・4.7%
   「充電設備の設置費用」・・・21.8%
   「充電時の車の安全性」・・・16.0%

 ☆外出先での便利な充電場所
   「サービスエリア・パーキングエリア」・・・5.6%、
   「時間貸し駐車場(コインパーキングなど)」・・・57.8%、    「コンビニエンスストア」・・・53.2%、
   「スーパー」が42.7%となった。

          *オートギャラリーネットより一部引用http://auto-g.jp/index.php/mo/News/ac/Detail/NewsId/8997
 
   電気代はガソリン代の約7分の1ですむいのにまだまだその認識がなく電気代が高いイメージを持っています。
また、充電場所にコンビニやスーパーが多くあげられたことから、
日常の買い物での使用を多くの人がイメージしているようですね。

認知度はこれからどんどん上がっていくでしょうし、スーパーの駐車場に、ジラソーレやi-MiEVアイミーブが
駐車しているところが、イメージできますね。  

電気自動車体験!ジラソーレ試乗レポ

電気自動車への興味が日に日に高まってしまったので、
ついにレンタルして乗ってみることにしました!

目標はもちろん電気自動車ジラソーレ

良く晴れた日、鎌倉までお出かけして、
前からチェックしていた電気自動車&輸入家電のでんりき車さんへ、
直行exclamation×2

入るのに少し勇気が要ったけど、入ってみるとオーナーの大石さんは、
とても丁寧に電気自動車のことを教えてくださいました。

まず一番気になる、コンセントを見せてもらいました
DSCF0013.JPG

家庭用コンセントで充電OK

左ハンドルは初めてなのでドキドキでしたが、
「違和感は感じないですよ」の言葉を信じて、乗車。

確かに違和感を感じない、というのもサイドブレーキが、
左サイド下にあり、その分シートは中央に寄って居ます。ゆえに
座った状態では、それほど違和感を感じないんでね。

続きを読む

電気自動車三菱 i-MiEV

電気自動車の中で、たぶん最も洗練されて美しく
可愛らしい女性に人気が出ると思われるのは、
この三菱のi-MiEVでしょう。

電気自動車の需要が伸びるか伸びないかは、女性に
指示されるかされないかで大きく変わってくることは間違いありません。
各社当然理解していると思われる車開発が、私(女性 笑)としては
嬉しくわくわくしてきます。


これはトミカ(笑)


ベース車は軽自動車「i」。4人乗車+荷室スペースを確保しながら、
ベース車よりも低重心化が図られ、乗り心地も快適。

電気自動車なのでもちろんCO2を全く排出しません

家庭充電用プラグが車両右サイドについているので、充電が楽。
普通の家庭用電源(100Vもしくは200V)から充電可能で
200Vの場合、満タン状態までは7時間ほど。
1回の充電で約160km走行可能です。
街乗りには十分すぎますね。

コストは、ガソリン代に比べ、昼間電力でも1/3、
夜間電力では1/9にも!

重量が1,080kg と軽自動車よりも重くその分走りが安定しているようです。
最高速度は130km/h。
加速が良く(電気自動車はモーターに電気を十分に与えれば
即最大トルクが出るので、加速が充分)当然エンジン音だけでなく
振動も少ない様です。

2010年に発売予定とありますが、来年には発売して欲しい位の
インパクトですexclamation×2


電気自動車 レンタルして乗ってみよう!

exclamation×2電気自動車に乗れる機会は、まだまだ少ないですが、
リチウムイオンバッテリーの開発や補助金制度のほうの設備と共に、
確実に流れは始まってきているように思えます。

とりあえず、乗ってみるのが一番!
遊園地やゴルフ場などには、通常ありますが、やはり
行動を他の車と一緒に走って見なければ、わかりません。

電気自動車は、台数は少ないながら、かなり昔から市販車も
売られています。(特にダイハツは古くからハイゼットを生産)、日産ハイパーミニのレンタカーもあります。

まずはレンタカーで乗ってみるのが、早いですね。

ECOレンタカーKOEI エコ磯子
  国道16号線中原交差点付近にエコカー専門
  ワンコイン(500円)で乗れる電気自動車が、
  テレビでも紹介されました。
  燃料代込のレンタルは、業界初かも。
  
☆鎌倉 でんりき車
  ジラソーレが乗れる!海にも山にも行きやすい店舗の場所は抜群!
  1時間1500円から。車屋さんでなく家電も置いてある所が
  ユニーク

伊丹レンタカー  ジラソーレ ハイパーミニとRAV4が借りられます
  1時間1000円から

電気自動車ジラソーレA 登録等

電気自動車ジラソーレの法規制、税金などです。

◆登録 軽自動車。免許は普通免許
◆車検は軽自動車同様どこでも可。
 その際、ガソリンエンジンに関わる部分の点検は不要。

◆税金
 ・取得税:3%
 (税抜き付属品付き車両本体価格2,520,000円の場合6,800円。
   通常は取得価格の3%)
  自動車税:7,200円(年額)
  重量税:13,200円(期間:3年)

 ・車庫証明は軽自動車同様。地域により異なる

◆バッテリーの充電方法
 ・家庭用100V電源から充電可。

 ・フル充電で最大で5、6時間です。

◆バッテリーの性能
 ・ジラソーレに搭載のリチウムイオンバッテリーは、
 メーカー試験によると2000〜3000回の充電が可能。
 ・寒冷地でも搭載のリチウムイオンバッテリーは問題なし。
 
◆ジラソーレ価格・購入
 ・車両本体価格:2,604,000円(消費税込)
 ・車両登録前に補助金申請を行うと、
   国から後日77万円の補助金を受けることができます。
 ・任意の自動車保険においても、多くの保険会社で低公害車
  (エコカー)割引を受けられる。

◆ジラソーレの左ハンドル車
  ・左側の運転席シートは運転しやすさを考え、
    やや右側にオフセット。このため、左ハンドルという
    違和感は少ない。
    また、平成19年11月から右ハンドル車の受注を開始。

◆ジラソーレの装備に関して
  ・エアコンは現在開発中です。
    平成20年3月までにオプションとして発売の予定。
    現在は、低消費電力のクール&ウォームシート
   (オプション)有

  ・シガープラグ装備

イタリア発電気自動車ジラソーレ

電気自動車ブームの火付け役となったかもしれないのが、
愛らしいデザインの この電気自動車ジラソーレではないでしょうか。
上から.JPG
この「ジラソーレ」(イタリア語で「ひまわり」)は
リチウムイオンバッテリー(これがすごい!)
を電源に走る電気自動車。
家庭用コンセントからの1回の充電(約6時間)で
最長約120キロメートルを走行exclamation最高速度は時速65キロ。

電気自動車ジラソーレは、電気自動車先進国の
イタリア発のデザインですが、製造元の
オートイーブンジャパンの社長は、サファリラリーを制した
日本人。

日本という国で快適に走るため、工夫開発されたといわれています。

2人乗りで0から時速40キロメートルまでを
約3.1秒で到達する加速性能。

全体はプラスチックのボディですが、
フロントガラスの横には、アルミ合金製スペースフレームを搭載し、
衝突安全性を確保。お陰で重量がなんと420kgexclamation×2
軽いですね〜

全高は1510mm、全幅は1276mm。横幅は標準軽自動車よりも
20cmほど狭いです。

ジラソーレの名前のとおり、タイヤにはひまわりのマークが
可愛い!
タイヤ.JPG


価格は税込み¥2604000ですが、電気自動車であるため
「クリーンエネルギー自動車等導入補助事業」の対処となり、
最大で77万円の補助金交付を受けることが可能。

来年になればさらに、補助金が拡大されるかもしれません。
そうなると、電気自動車は、とても近い存在になってくるはずです。

電気自動車って?

電気自動車は、先日ニューヨークで開催された、国際自動車ショーに
多数出品されたことなどから、またまた脚光を浴びてきている
自動車です。

そもそも電気自動車って、何が違うんでしょうか??

電気自動車には太陽電池で走るソーラーカー・燃料電池車 (FCEV)・がぞりんと併用のハイブリッドカー (HEV)などもありますが、
ここでは100%電力で走る自動車を電気自動車としたいと思います。

【電気自動車って?】

●動力が電力により推進する自動車(軌道不要の車両)。電気自動車2.JPG
  もちろん充電が必要

●心臓部はバッテリー 

●必ずしも変速機が必要でない

●排気ガスを排出しない

●騒音源である内燃機関を搭載していないため、音が静か

●1kmあたり1円弱のコスト!!(三菱i MiEVの場合)

●現状では遊園地の遊具、フォークリフトや、
ゴルフ場のゴルフカートに多い。
海外では、警察でも使用されているところもある


まだまだ、わからないところの多い電気自動車ですが、
ガソリン高の中じわりじわりと、生活に入ってきそうな気がします。

案外とても使いやすいのかもしれません。

電気自動車スポーツカーTesla Motors

電気自動車の分野で、ついにポルシェ並みのスポーツカーの生産が開始されましたね。

その名も「Tesla Roadster」

わずか4秒間で時速60マイルまで加速可能。
当然 原動力が100%電気
壁のコンセントにプラグを差し込んで充電する仕組で。
1回の充電で走行可能な距離はおよそ250マイル
他のスポールカーに引けを取らない性能を詠っています。

Tesla electric roadster in black!

値段が9万8000ドルと高額にもかかわらず、900台もの予約が
すでに入っているようです。

この価格が高いのか安いのか・・・はともかく、
電気自動車の分野はこのTesla Roadster同様
すごい勢いで加速していることは間違いないですね。


 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。